地下水活用システム、工業用水活用システムの東洋アクアテック

ホテル 導入事例

TOP > 導入事例 > ホテル 導入事例

お客様より...

お客様の課題

ホテルを運営しており、水道経費を削減したいと考えている。地下水活用システムを導入するにあたって、どのような工程になるのか知りたい。また、ホテルの敷地が狭く装置の設置スペースを確保できるかわからない。さらに自治体への申請作業はどのようにすればいいのだろうか…。

ご質問内容

    1.どのような作業工程になるか…?
    2.設置スペースが確保できるか…?
    3.自治体への申請はどうすれば…?

東洋アクアテックからの提案

東洋アクアテックの提案

地下水活用システムの導入の工程は、井戸掘削→導入判定→申請→装置搬入→揚水試験→保健所立ち合い→給水開始となっています。井戸掘削から給水開始まで、自治体の申請期間によって多少時間がかかる場合もございますが約5か月です。また、各行政への申請に関しては当社の専門チームが一貫して行います。
井戸掘削場所や装置の設置スペースに関しては、当社のノウハウを活かして省スペースにて提案致します。

 

 

地下水活用システム製品ページへ

導入効果

導入効果

使用水量を変えずに、水道経費を削減できた。

•自治体への申請作業がないので、導入へ負担を感じなかった

無料試算はこちら
現在の水道使用量からいくらコストダウンに繋がるか試算致します。
お問い合わせはこちら
サービスまたは会社に関することでしたらお気軽にご相談下さい。