地下水活用システム、工業用水活用システムの東洋アクアテック

災害対策

事業継続計画(BCP)に有効な地下水活用システム

水源の二重化をすることにより、大規模災害時の給水ライフラインの確保ができ、事業継続計画(BCP)が可能になります。また、災害発生後、電気が復旧または自家発電装置にて非常用の生活用水、または近隣住民の水源として貴重な役割を担うことができます。
※東日本大震災の被災地約30箇所へ導入した地下水活用システムは、すべて支障なく稼動していました。

事業継続計画(BCP)に有効な地下水活用システム

災害時に必要となる付属品

非常用発電機について

非常用発電機について

非常時に地下水活用システムの電源確保が可能な小型の発電機をご提案しています。
国産メーカーのため、高性能・超低騒音・安全性の高い製品で、アフターサービスも万全です。
消防法の自家発電設備基準に適合したキュービクル型も用意しています。
非常用発電機の容量に余裕がない、もしくはお持ちでない事業者様は、当社までご相談ください。

給水箇所の設置

給水箇所の設置

震災・渇水・断水時に独自の給水箇所を設けることにより、非常時のライフライン確保として、有効な備えになります。
装置処理水ラインには、蛇口を取り付けているため、迅速な取水が可能です。また、非常時は仮設ホースを設置し、給水タンク車や各種水槽へ直接給水が可能です。
オプションで、給水ポイントエリアを設けることもできます。

給水袋

給水袋

飲料水を安全に運ぶため、給水袋を備蓄します。
材質は食品器具、容器、梱包規格試験に合格し安全です。
(容量10リットル、200袋/箱)

無料試算はこちら
現在の水道使用量からいくらコストダウンに繋がるか試算致します。
お問い合わせはこちら
サービスまたは会社に関することでしたらお気軽にご相談下さい。